精神障害者グループホームを利用するにあたって。

北九州にある地域密着の精神障害者グループホームがあります

精神病はなかなか治療が難しく、受け入れる病院も少ないですが、患者さんのことを一番に考えた施設です。

病院との連携があるので、グループホームで症状が悪化してしまってもすぐに、医師に看てもらうことができる環境でありながら、病院よりもゆったりとして治療することに専念できます。

うつ病などの精神疾患は急に良くなるものではありません。

心にゆとりのある生活の中から治療が効果をもたらし回復に至っていきます。

時間をかけじっくりと向きあうためには周囲の支援が必要不可欠です。

社会復帰やその後のアフターフォーローまでじっくりと患者さんに寄り添って支援してくれるシステムが整っています。