迅速かつ精度の高い脳疾患発見のための脳検査なら

クモ膜下出血の原因となる脳動脈瘤や、脳梗塞や脳腫瘍などの脳疾患において、まだ微小なうちに病巣を発見しておけば、各種がんと同じで完治にかかる時間も労力も少なくて済むのは容易に想像できることでしょう。

しかし、例えば脳動脈瘤にしても、従来からあるCT検査だけでは毛細血管に発生しているレベルのものまでを精細に発見するのは非常に困難なことは確かで、微小な病巣発見に関しては迅速かつさらに精度の高い検査が求められるところです。福岡市中央区にあるこの「大神脳神経外科クリニック」では、脳の詳細な健康状態を調べるための「脳ミニドック」を行っていて、その中には血管造影剤を使用しての立体的脳血管撮影を行うコースも開設されています。検査費用は自費診療となっていますが、実際の脳疾患の有無や罹患の危険性を詳しく知る上で非常に大きな力となるのではないでしょうか。